トップページ | 2009年7月 »

2009年6月の投稿

週末はオーケストラに吹奏楽に・・・

27日(土)下田市民文化会館大ホールにて行われた

伊豆フィル「はじめてのファミリーコンサート」に出掛けてまいりました。

伊豆フィルは、伊豆半島唯一の民間オーケストラで、

店主のお友達Nさん夫妻も在籍しています。

ファミリーコンサートだけあって、

演奏の合間合間にお話が入る「となりのトトロ」や「魔法使いの弟子」に

子供が喜びそうな打楽器が盛りだくさんの「シンコペーディッド・クロック」など

飽きさせない内容のものばかりでした。

また指揮者の田久保裕一さんの演奏の合間のお話も楽しめたと思います。

  田久保裕一さんblog→http://www.musicinfo.com/takubo/

28日(日)は松崎高校吹奏楽部 「定期演奏会」でした。

先週は文化祭で、それから一週間しか時間がなく、

ちょっと可哀想のような・・・(スケジュール的にしょうがないらしい)

実は、地元中学には吹奏楽部がありません。

なので高校に入学してから、生徒たちは楽器演奏を覚えなければならず、

よくここまで出来るようになるものだ・・・と定演に出掛ける度、関心させられます。

2・3年生が主に演奏をし、1年生は演奏する場面もありましたが、盛り上げ役を

頑張ってました。

演奏はまだまだ不安定な部分もあったりするような・・・

8月1日の「東部大会」で、3年生は引退になります。

アンコールで演奏したサックス4人娘で始まる「情熱大陸のテーマ」は

部員全員がイキイキとしていて、「みんなこの曲すきなんだなっ」て

わかるとてもよい演奏だと思います。

是非、東部大会でもそんな演奏をしてもらいたいし、

出来れば金賞を獲って貰って、県大会にすすんで貰って、

3年生に有終の美を飾って欲しい!(って簡単に言うけど・・・)

そうなれるように祈ってます。

                         従業員 H

| | コメント (0) | トラックバック (0)

少し前の事ですが

1月に「松崎寄席」でお世話になった

SWA1号こと、林家彦いち師匠のブログに、今月初めに

行われた「松崎町シーカヤックマラソン」に出場した

詳細がブログにUPされてました。

宜しければ覗いてみてください。

http://bepal-gorone.b.bv-bb.net/200906/article_3.html

 SWAのDVD SWAのDVD
販売元:セブンアンドワイ
セブンアンドワイで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第10回 双獅祭

20090621124923matukou_kabe_e     

 

昨日は、松崎高校の文化祭「双獅祭」でした。(毎年雨降りの中での開催だと記憶してますが・・・)当店も講堂で行われるステージ発表のPAで、参加させてもらってます。

有志バンド発表と、三年生3クラスが創作した舞台発表に吹奏楽部の演奏がありました。           

20090621110913matukou_banndo

      

     20090621115415matukoudance_2       

20090621132223matukousuisougaku          

生徒のご家族や、その他のお客さんで講堂内は大盛況でしたが、

発表の舞台にたつ生徒たちの熱気も加わって、会場内は蒸し風呂状態でした。

勉強や部活もしつつ、ほぼ二ヶ月で出し物を考え、形に仕上げなければならなくて大変だったと思います。

毎年、ダンスがメインの出し物が多いので、「来年はちょっと変わったのがみたいな~」と

従業員Hは期待をしつつ、楽しみにしてます。

それと、今月28日(日)に松崎高校 吹奏楽部の定期演奏会があります。

どうぞ、おでかけください。

2009_06222009_6_70083suisougaku

| | コメント (2) | トラックバック (1)

ホタル鑑賞で癒される

松崎町に雲見という地区があります。

最近、「公園に整備されてホタルも見れるゾ!」という話を聞いていたのですが、、

昨日、ちょうど雲見に出掛ける用事があり、

いつもお世話になっている自動車整備工場の御夫婦にリサーチしたところ、

「今日あたりは朝、雨が降ったから出るだろうけど、

先週のピーク時よりは少ないだろうな~」という話で、

「それは見に行かなきゃ、アカン!」って事になり、

娘を連れて出掛けてきました。

余談ですが、

幼少の頃、家族でホタル鑑賞に出掛け、

捕まえたホタルを金属製の虫かごに入れて持って帰り、

翌朝、ワクワクして虫かごの中を覗くと、

仰向けになったホタルが転がっていた事を思い出します。

話を元に戻しますが、

その夫婦の話だと、その現場に行く道には

「提灯がぶら下がっている」という話だったので、

「情緒をぶち壊す懐中電灯持参なんて、アカン!」と思い、

手ぶらで出掛けました・・・それは間違いでした。

駐車場に到着して、霧も薄っすら出ていたので、周りが見えにくい状態。

人気も全く無く、提灯もほんの10mくらい

娘が陽気に話していたから良かったのですが、山道は真っ暗で怖かったです。

5分くらい歩き、やっと公園を発見!

ぱっと振り向くと、フワフワと漂っている光りを発見!!

「いた!ホタル!」と年甲斐も無くはしゃいでしまい、

もうちょっと辛抱して、階段を下りると、一面、無数のホタルの光りがありました。

話を聞いたご夫婦も、先に到着されていて、足元を懐中電灯で案内してくれました。

「ピーク時よりはいなくなった」と言ってましたが、充分綺麗です。

よく「幻想的な・・・」なんて言葉で表現したりしますが、

自分の目で見て、「ホントに幻想的とは、このことだ!」って、感動。

娘も喜んでました。

ずーッと見ていたかったのですが、

ギャラリーが続々と増え始め、稲光が光り始めたので、

滞在時間20分。

車を運転しながら、「雷怖い!今、光った!」と騒ぎながら、

お家へ帰りました。

自宅へ到着し、ゴロゴロと雷が鳴っている中、娘はホタルの絵日記を書きました。

なぜかホタルを鑑賞している女が4人。

後ろ姿のはずなのに、髪の毛が前髪ほどしかなく、

「コレじゃ、のっぺらぼうだよ。もうちょっと髪の毛付け足したら?」と

アドバイスしましたが、聞き入れてもらえませんでした。

なので、「のっぺらぼうがホタルをバックに並んでいる」絵になってます。

                             従業員 H

| | コメント (2) | トラックバック (0)

松崎シーカヤックマラソン その2

さてさて、笑い声と悲鳴が飛び交った悪夢(?)の前夜祭から

一夜明けて、レース当日。

昨日とは打って変わって晴天に恵まれました。

毎年、天候で胃を痛くしている主催者でこのイベントの発起人

斉藤文彦さんも、朝からニコニコでした。

今回、このレースには今年1月に音屋興行の寄席に出演していただいた

SWA1号の林家彦いち師匠が緊急参戦していただく事になりました。

彦いち師匠はアウトドア大好き噺家さんで、カヤック好きで

カナダの川をカヤックで下ったDVDを出すほどの

戦うアウトドア落語家として有名です。

Hikoichi6_7

シーカヤックは久々との事でしたが、文彦さん所有のカヤック(ゴーリキ製

オールマホガニーカヤック100万以上するそうです)を駆り、いざレース参戦!

Iwachi6

レース開始前に師匠が「途中で棄権して帰ってきても平気ですよね!」なんて

言ってましたが、そこは持ち前のガッツと体育会系で無事ゴール!

レース後師匠が「otoyaさん、誰も棄権する人居ないから、頑張っちゃったよ!

でも、景色が凄い綺麗で、途中磯遊びしながらゆっくり行きたいコースだよね」と

ご満悦でした。

Iwachi7

Iwachi2

このイベントには、初回から仕事を頂いていますが、回を重ねるごとに

出場者やリピーターが増えて、今では200艇近いカヤックが出場します。

こんな大きなイベントを、単独地区の方々が開催している事実。

凄い事だと思います。

岩地地区の人達が一丸となって開催しているこのイベント

リピーターもどんどん増えて、もっと大きな大会になって

この地区がどんどん元気になって欲しいと思います。

 林家彦いち 喋り倒し 野田知佑 夢枕獏と ユーコンを下る

林家彦いち 喋り倒し 野田知佑 夢枕獏と ユーコンを下る
販売元:セブンアンドワイ
セブンアンドワイで詳細を確認する

| | コメント (2) | トラックバック (0)

松崎シーカヤックマラソン

6月6~7日は、地元松崎の岩地海岸「海開き」行事

「松崎シーカヤックマラソン」が行われました。

Iwachi1

毎年、音響その他諸々のお仕事を頂きまして

今年も行って参りました。

6日(土)は朝から生憎の雨rain

予報では午後から上がるとの事だったので、機材を積んだまま待機。

午後1時に予報通り上がったので、海岸に機材をセッティングしました。

大会自体は7日の日曜日ですが、前日の夜は

地元の人達と参加選手達の交流を兼ねて、浜辺で前夜祭が

行われます。

毎年、地元の子供や民宿の女将さん会の皆さんが、思考を凝らした

出し物を行いますが、この舞台に毎回芸人さんのブッキングを頼まれています。

今年は、笑いの教団「おいおい教」教祖 元氣安をブッキングしました。

Iwachi5

打ち合わせ段階から主催者に「下ネタはNG」と何度も言われていた為

内心ビクビクしましたが、蓋を開ければ観客の皆さん全員「おいおい教信者」に

成っていました。

Iwachi3 Iwachi4

前夜祭終演後、観客が元気さんを取り囲み、「お~いおい!」と言いながら

元気さんを胴上げして海に落としてました。

でも、どんなお客の前でも心が折れない、流石「教祖」様でした。

                                   つづく

| | コメント (2) | トラックバック (0)

最先端メディア

今の音楽・音響業界の最先端メディアって何だろう?

やっぱりNET配信何かである『MP3』なんかだろうか??

それよりもっと進んでいるのだろうか?

私が中学生の頃(それこそ30年前)、SONYからヘッドフォンステレオ「ウオークマン」が

発売されて、カルチャーショックを受けた。

それまで「いい音」を聴くには室内が大前提であったのものを

ウォークマンは「いい音」を室外に運び出す事に成功したのだ。

あの頃の音楽ソフトって「レコード」と、それを録音する「カセットテープ」が主流だったんだけど、カセットはイイとこ録音時間(容量)は精々120分で、「音」に拘る人は

120分だと伸びるのであえて使わず60分2本とかにしていたり、「ノーマルポジション」ではなく「クローム」とか「ヘリクローム」とかお金持ちのお坊ちゃまは「メタルポジション」を使って、皆から「お前、王様だな!」なんて賞賛を浴びたものです。

それが段々進化して、レコーディングメディアは「MD」「CD」「DVD」そして「ブルーレイ」に

なり、携帯プレイヤーはMP3ファイルやらをハードディスクに・・・なんてドンドン

デジタルに成っていってます。

仕事上、野外イベントの音響をやる時にはCD・DVDプレイヤーは持って行きますが

時より年配の方々の出し物なんかだと音源が今でも「カセットテープ」が主流です。

年配の方々の最先端メディアは未だカセットテープであるのです。

このカセットが曲者で、前もって再生してみると、伸びているモノあり、ダビングを10回以上

してるのでは?と思うような音がちっっっっちゃいのあり、ラジカセ向かい合わせで

録音したモノありと、本番直前に焦る事がシバシバありました。

最近では、前もって音源を頂きましてCDに編集し(サービスでですよ)て

本番使います。

後日、その年配の方々がお礼がてら連絡をくれて、「この前、凄く音が良かったから

今持ってるテープを全部CDにしてくれないか?」と言ってくるのですが、

もともと録音状態は悪いものをいくらCDにしても、悪い音がそのままデジタルに成るだけで、いい音にはなってないんですよ。

と、幾ら説明しても分かってもらえないです。

デジタルは神の力や魔法ではないのですよ!そんなに万能ではありません。

まぁ、カセットテープが最先端メディアの人から見たら、HDDやらデジタルものは

万能メディアに見えるんだろうな・・・

先日、長女にi-Pod nanoを買ったんですが、ウオークマン世代から見たら

正に万能メディアだよね!ガワはちっちゃいわ、容量は大きいわ、動画も見れる!

こんなモノを中学時代に持った娘達は、次世代メディアが出た時どうなるのでしょうか?

私も見てみたい気がします。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

今日の来店者

店主Mの同級生Y味亭サンがご来店。

パン○佐藤から、コラアゲンまで奥深い同級生トークで盛り上がってました。

Y味亭サンですが、西伊豆で魚・和食料理屋を営業されています。

各種 魚料理・定食も勿論ですが、

わっぱ飯もgoodですよ。

こちらにお出かけの際は、是非お立ち寄りください。

Y味亭さんもHPが一日も早く、アップされるの待ってます。

2009_06042009_6_10047__2

しかし、お店散らかっててますね・・・crying

                            

                           従業員H

| | コメント (4) | トラックバック (0)

続 男の手料理

日記書き始めて4日目にして既に「ネタ切れ」状態です。

再び「弁当」ネタで逃げさせて頂きます。

200905080513000

この日の献立は、所謂「逃げ」とか「手抜き」の言葉が当てはまるもので

御座いました。

メニュー

生姜焼き・アスパラ・カニクリームコロッケ(冷凍)・ミックスベジタブルサラダ・

トマト

これはコロッケとミックスベジタブルと冷凍食品に逃げた感が強いものでしたねぇ・・・

まぁ、ミックスベジタブルは冷凍を塩茹でしたものをサラダにしてますが

おかず内の冷凍比率50%となってる訳ですね。

この日、仕事が終わって帰宅後に娘から「明日弁当!」と聴かされたので

前もって言っといてくれよ・・・娘よ・・・

まぁ、そんな時でも焦らず作れるのが「お弁当マイスター」の方々なんでしょうが・・・

まだまだ修行が足らんって事ですね。

日々精進で御座います。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

男の手料理

訳有ってカミさんが居ない・・・しかし子供は居る。

娘2人、もう中2と小6になる。

カミさんが居なくなってカレコレ10年になり、娘達のお弁当を作る事が

日課の一つとなっている。

10年も作るとそれなりにスキルも上がるものである。

とある日のメニューです。

200904240713000

鳥の竜田揚げ(醤油味とハーブ塩味)・ナポリタンスパ・

海老コロッケ(冷凍食品)

トマト・アスパラ・筍煮・ゆかりおにぎり

なるべく冷凍は使わずコストパフォーマンスを考えていますが・・・

どうしても小さな隙間を埋める為に冷凍を使います。

日々努力と言う事でしょうか・・・・

しかし、学校の先生達は、私が作っていると言っても

全く信用してくれません。

前の晩に仕込みをして、朝作っているんですよ!と言っても

「またまたぁ・・おばあちゃんが作ってるんでしょ?」と信じてもらえません。

最近では面倒くさいので、反論するのを止めました。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

やり始めると

色々イジリ倒して、んでも結局あんまり納得出来ない・・・

あ~私にもっと知識と技術があれば・・・・

ページを更新してみたものの、土壺にはまってしまい、疲れ果てました。

この辺で休ませてもらいます。

今日出来る事は、明日も出来る!だから寝る!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

取り合えず

こんな形で始めたブログですが・・・さて何を書けば良いのやら・・・

普段、色んな事を考えていますが、それを文章にまとめられずに

日が経つと、もうそれ自体自分の旬を過ぎてしまうので書けなくなります。

物凄く「爽やか」な事を書く時があれば、とんでもない「黒い唾(猛毒)」を吐く時も

有ると思いますので、その時は流しちゃってください。

| | コメント (0)

ジョジョに

出来てきてる・・・・かな?

| | コメント (1) | トラックバック (0)

テスト

取り合えず、日記始めてみます。

そんな訳で、テスト。

| | コメント (0)

トップページ | 2009年7月 »